2003「とっておきのハーブ生活」から、コミュニケーションのページがスタートしました。 皆さんから応募いただいた個性的で素敵な"ハーブのある生活"に、監修者の榊田さんがコメントを添えて、もっと楽しくなるハーバルライフを一緒に紹介していきます。
約2週間に一度、2〜3人ずつ更新していきますので、皆さんも応募くださいね。

---2003年4月14日アップ---

  奈良県 品川明美さん  
高校生頃からハーブのお洒落なビンに惹かれ、学校からの帰りに百貨店の香辛料売り場に立ち寄り、使い方も知らないまま、少しずつ買いだめしていたのが、ハーブやスパイスとのお付き合いの始まりです。家族を実験台にさまざまな料理に香辛料を使ってみては、ひんしゅくと、たまには賛辞を受けながら、私を料理好きにしてくれたのもハーブとスパイスだったように思います。
十数年前にセージを植えたのが、家庭菜園の始まりです。春が近づくと今年は何のハーブ苗を植えようかうきうきしてしまうのです。
うんうん、と頷きながら読ませていただきました。私もハーブを好きになったのはお料理からです。扉を開けるとハーブとスパイスの瓶がずらっと並んで・・・というのに憧れていました。そんな憧れを持ち続けて今に至ったのです。うちの家族も長年実験台です!
外国の推理小説に出てくるお料理を集めた本とか、映画に出てくる料理を集めた本をごらんになったことがありますか?ハーブが使われていることが多くて、楽しいですよ。


  高知県 齋藤尚孝さん  
現在バジル、レモングラス、ローズマリーなど10種類位栽培し、料理、お茶、入浴、室内、車の中などに使っています。
オリーブオイルにバジル、ニンニク、クミン、胡椒を入れたオイルは油炒めには欠かせません。
保存がきくので、皆さんに差し上げるととても喜んでもらえます。
ハーブをいろいろ工夫して使っていらっしゃるんですね!もうベテランではないですか?食べられるハーブが多いようなので安心して使えるのがいいと思います。特製ミックスオイルおいしそうですね。クミンを入れるのがプロっぽい!私もまねしてみます。 生のニンニクは発酵してしまうことがあるので、軽くオリーブオイルで熱してから冷まして、バジルを加えるのもいいかも知れませんね。熱するときにクミンと胡椒も入れれば、なおさらスパイシーな香味が引き立つように思えます。


  岡山県 鈴木美穂子さん  
自宅の裏に庭があります。北側なのでどうしても日当たりが悪いです。それでも北のほうに、つまり日の当たるところに野菜、日陰にもミョウガなど植えています。小量でも楽しめる物がメインです。ウドナという山菜をご存知でしょうか?
ほうれん草のおひたしに混ぜると、ほうれん草の青臭いいやな匂いを消してくれます。
華やかな春の息吹を感じさせる香りです。
「ウドナ」初めて聞きました。他に呼び名はあるのでしょうか?華やかな春の息吹ですか。食べてみたいなぁ。
日陰でも育つミョウガを植えていらっしゃるところが賢いですね。ミョウガは立派な日本のハーブです。西洋のハーブでも、チャービル、ロケット、コリアンダーなど、半日陰の方が葉が柔らかく育っておいしいものがあります。ミント、レモンバームなどもOKですよ。《ハーブ園芸基礎講座》もチェックしてみてください。




 
  文:読者のみなさん.榊田 千佳子