春号に登場して頂くのは、春の息吹きのように元気でさわやかな雰囲気を漂わせながらアロマセラピストとして活躍中の篠原直子さんです。  

 アロマセラピー…だいぶ身近になったとはいえ、どこか神秘のベールに包まれていて、なんだか自分には手に届きそうにないものと思っていらっしゃる方、まだまだ多いのではないですか?
 「アロマセラピーは、無理なく、楽しく、心地よく、手軽に家庭で楽しめることが一番。私は人々と香りのかけ橋としてお手伝いができたらいいなぁと思っているだけなんですよ」とおっしゃるのは、アロマセラピストとして活躍中の篠原さん。
 篠原さんとアロマセラピー、それは運命ともいえる偶然の出会いでした。

 

 以前広告代理店にお勤めだった篠原さんには、ハードで不規則な時間と極度のストレスから重症のアトピー性皮膚炎になり、大好きだった仕事をやめなければならないという経験があります。思うように完治しない症状と社会から取り残されたような焦りの日々。  
 そんなある日、部屋の掃除をしているとソファーの下に小さな小瓶を見つけました。英語で書かれた解説の通り数滴お風呂に垂らしてみると、香りの湯気が心と体をゆったりと解放してくれ、いつもならかゆくて夜中に2回3回と目を覚ましていた篠原さんに、深い眠りを運んできてくれたのです。

 その小瓶がその後の人生も変えてしまうラベンダーの精油でした。'もしかしたら、何かが変わるきっかけになるかもしれない…'一瓶一瓶、篠原さんの手元に精油の小瓶が増えていき、知れば知るほど深まる香りの世界の魅力に篠原さんはどんどん惹かれていったと言います。そしていつしか元気な自分、本当の自分の姿を取り戻していったそうです。


 

 「私のアロマセラピーは、資格やキャリアのためのアロマセラピーではなく、自分の体験や日常を積み上げてきたアロマセラピー。だから難しいものではなく、誰にでも手軽に暮らしに取り入れられるものなんですよ。理屈や理論はあとから。まずは自分の気に入った香りを選ぶことから始めてはいかがでしょうか?」篠原さんの実践するアロマセラピーが多くの人たちから支持される理由はここにあるのでしょう。
 原稿の執筆、教室、講演、商品開発など多忙な日々を送る篠原さんのバックには、必ず数本の精油の小瓶をしのばせてあります。お気に入りの香りは、ラベンダー・ローズウッド・フランキンセンス。緊張した時間が続くことも多いので、リラックスする香りをメインに、さわやかなシトラスや柑橘系の香りを取り入れることも多いそうです。

 それらの精油を、例えば新幹線の移動中、シートの匂いが気になる時にはティッシュに数滴含ませて置いたり、ホテルでは灰皿やコップにお湯を入れ、その中に精油を1,2滴たらして部屋に香らせたり、お風呂に数滴、湯船に使ってゆっくり疲れを取った後は、栓を抜かずにドアを開けておくと乾燥対策&アロマセラピー効果もあって一石二鳥とか。日常では自分の肌に合わせてブレンドしたマッサージオイルやスキンケア、シャンプーを使うそう。

 手軽に香りを暮らしに取り入れるきっかけとして、お風呂がオススメだと篠原さんは言います。自分の好きな香りの精油を1、2滴たらすだけで味わえる幸せ。シャワーの時はバスルームの四隅にオイルをたらすと、湯気とあいまってそれだけで充分香りがたつのだとか。日本の誇るべきお風呂文化はアロマセラピーにピッタリ。また洗濯の仕上げに精油を1滴、香りの効果はもちろん、殺菌効果も大。そうやって自分の好きな香りをどんどん見つけることで、殺伐とした暮らしの中で感覚的な自分を取り戻せるきっかけになるかもしれません。


 

 ハーブとアロマセラピーを別々のものにとらえられることがありますが、ローズの精油1滴にはたとえば50本の生花が必要だったり、中にはもっともっと多くの摘みたてのハーブが必要な精油もあります。精油はまさに生命力のかたまり。ハーブもアロマセラピーも、その生命力で私たち人間の生命を助けてもらっているのだという、自然への畏敬の念、感謝の気持ちを忘れないでほしいと篠原さんは言います。
「太古の昔から香りは人々にとって特別なもの。植物の生命をいただくとてもぜいたくなものでもあります。だからこそ、もっと豊かな香りの暮らし、本物の香りの持つ力を、これからも多くの人々に届けていきたいと思っています。


 
1970年生まれ。西洋薫香Shinohara代表。英国ITEC認定アロマセラピスト。日本ホリスティック医学協会会員。広告制作会社勤務のころよりアトピー性皮膚炎に悩み、アロマセラピーと食事療法で克服したことをきっかけに植物療法を学ぶ。日本人の心身と暮らしにあった、精油やハーブの使用法、ケア法を全国各地で指導。オリジナル化粧品の企画・制作、精油メーカーの販売促進企画、コンサートやイベントの香りの演出にも携わっている。アロマセラピースクールや個人対象のアロマセラピーカウンセリング、アロマトリートメントも実施している。
http://www.aromalife.net



 
  文:office Yum & Bloom 井出 希