ヨーロピアンのミックスは、一番ハーブソルトらしい風味。エルブ・ド・プロバンス(プロバンス風ドライハーブのミックス)と共通の材料が多いのでもっともですね。
 料理をちょっとフレンチまたはイタリアンな味わいにしたいときに加えると効果的です。
 パセリとタラゴンは、自宅で乾燥させると風味が失われですが、市販のものは、フリーズドライなどで風味を保っているので、ミックスに加えてみたら、深みがでたような・・・。
 ドレッシング、スープ、肉や魚を焼くとき、などさまざまに使えますが、今回はシンプルにクリームチーズのディップに混ぜ込みました。旬の野菜の甘みが引き立ちます。


画像拡大


パセリ・・・大1
マジョラム・・・大1
セージ・・・小2
ローリエ・・・1枚または小1/2
ガーリック・・・小1
黒コショウ・・・小1/2
タラゴン・・・大1
ローズマリー・・・小1
タイム・・・小1
オニオン・・・小1
塩・・・大さじ1
 
材料を全てミキサーに入れ、なるべく細かい状態になるまでミキシングする。
できあがったミックスは、ガラス瓶に入れて日の当たらない、なるべく涼しい場所で保存する。

*ポイント*
材料はすべてドライハーブ。上記の材料のうち、大さじ小さじで表しているものは、パウダー(粉状)での量。粗挽きまたはホールを使う場合は、少し多めに加える。
  *このレシピは、ひとつの例なので、手に入らないものを省いたり、他のもので代用してもかまわない。ただし、欠かせないハーブ(スパイス)も。ヨーロピアンミックスには、マジョラム、セージ、ローズマリーが欠かせません。


(約4人分)
○野菜類 カリフラワー・・・1/2個
ブロッコリー・・・1/2個
ラディッシュ・・・8個
ジャガイモ・・・2個
○果物類 レモン・・・1/4個
○その他 バゲット・・・約1/4本
クリームチーズ・・・1/2カップ
牛乳・・・大さじ1
黒オリーブの塩水づけ・・・8個
塩・・・適量
ハーブソルト/ヨーロピアン・・・約小さじ1
 
野菜類の準備ー1
野菜類は洗っておく。カリフラワーとブロッコリーは食べやすい小房に分け、ジャガイモは芽の部分をくり抜いて、皮付きのまま食べやすい大きさの乱切りにする。ラディッシュは、根の先の部分を切り取る。小さい葉を数枚つけたままにしておく。
野菜類の準備ー2
蒸し器を火にかけて蒸気が上がってきたら、ジャガイモ、カリフラワー、ブロッコリーの順番で少し時間をずらして、重ならないように入れ、それぞれに火が通り、柔らかくなるまで蒸す。蒸す前か、蒸し上がった後に軽く塩をふっておく。
レモンの準備
レモンは、レモン汁を絞り取っておく。
バゲットのオリーブペースト・カナッペ
バゲットは7oぐらいの厚さに斜めにスライスして、カリッとするようにトーストしておく。黒オリーブはあらかじめつぶしてペースト状にしておき、トーストしたバゲットに薄く塗る。
クリームチーズディップ
クリームチーズは室温に戻しておく。牛乳とレモン汁、ハーブソルト小さじ1を加え、柔らかなクリーム状になるように、よく混ぜ合わせる。固さは牛乳で加減する。味見をして、必要ならば、塩を少々加える。
盛りつけ
皿に蒸した野菜類とラディッシュ、ペーストを塗ったバゲットを、バランス良く盛りつける。器に入れたディップソースを添えてできあがり。


ちょっと上等なオリーブオイルを小皿に入れてこのミックスソルトを混ぜ入れ、パンにつけながら食べると、それだけでワインが何杯でも飲めてしまうほど!
パンにケチャップを塗ってこのハーブソルトをパラッと振りかけ、薄切りの玉ねぎと、とろけるチーズをのせてトースターで焼けば、本格的な味のピザトーストに。

*プラス1*
 S&Bには、パウダーとホールのさまざまなハーブ・スパイスが揃っています。
特にラ・スパイスのシリーズは、高品質のホール状ハーブのセレクション。瓶もシックで、キッチンに並べておきたくなります。
また、挽きたてのフレッシュな香りをその都度楽しめる、ミル付きハーブミックスや、オニオンソルト、セロリーソルトなどもあります。

S&Bのハーブ・スパイスの情報はこちら
文・制作・スタイリング:榊田千佳子.撮影:タケダトオル.イラスト:立原雅子
Copyright 2002-2003 S&B FOODS INC. All rights reserved.