パン粉にハーブを混ぜ込むのは、最近ではかなり定番化してきています。ハーブ入りパン粉ミックスまで市販されて入るぐらい。でも、ドライハーブより、フレッシュハーブの方がみずみずしくておいしいと思います。中に入れるハーブは、熱に強い、香り高いハーブグループの方が効果的(味わうハーブアイテム1・「白身魚のハーブの素揚げのせ」を参照)。
 おろしたてのパルメザンチーズを加えるとイタリアンなカツレツに。ちょっと甘酸っぱい味が合いそうだったので、甘く熟したマンゴーをスライスして添えたら、思った通り!カリブ海のリゾートで白ワインを片手に食べているような(?)豪華な味になりました。

画像拡大
(4人分)
○ハーブ類 タイム・・・葉を枝からはずして1/2カップ
あしらい用のタイム・・・4枝
○果物類   マンゴー・・・1〜2個(1人分3切れ)
○肉類   トンカツ用豚ロース肉・・・4枚
○その他食品   パン粉・・・細かめのものを2カップ
パルメザンチーズ(できるだけおろしたてを)・・・大さじ2
卵・・・1〜2個
小麦粉・・・適量
塩・コショウ
オリーブオイル・・・1/2〜1カップ
     
 
豚肉の準備
豚肉は肉たたきや牛乳瓶などでたたいて薄く伸ばしておく。すじがある場合は切る。
パン粉の準備
パン粉に、タイム、パルメザンチーズを混ぜ入れる。
マンゴーの準備
マンゴーは中心の種を避けて3枚おろしにして皮をむき、斜めに薄切りにする。
カツレツの準備
バットを3つ用意し、それぞれに、1.小麦粉 2.溶き卵 3.ミックスパン粉を入れる。
1の豚肉に塩・コショウをして、1,2,3の順に衣をつける。
カツレツの調理
フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、4のカツレツを2枚ずつ、焦がさないように中火で
ゆっくりと焼く。途中裏返しながら、中心まで火が通り、衣がきつね色になるように焼き上げる。
盛りつけ
カツレツを二つに切り分けて皿に盛り、スライスしたマンゴーを添えて、タイムの枝をあしらう。
マンゴーの実をソース代わりに食べると格別の味。


残ったハーブパン粉は、冷凍用ジッパー袋に入れて、フリージング。カツレツにする以外にも、オリーブオイルやクリーム状にしたバターと混ぜ合わせてシイタケ(またはマッシュルーム)に詰めて、オーブントースターで焼くだけで、すばらしいオードブルに。

エスビーのフレッシュハーブについてはこちら
  文・制作・スタイリング:榊田千佳子.撮影:タケダトオル.イラスト:立原雅子
Copyright 1997-2002 S&B FOODS INC. All rights reserved.