フリッターというのは、何のことはない、天ぷらのこと。ただしちょっと衣が厚めで卵が多めのイメージがあります。パーティーの時はたくさん揚げて山盛りにして、パクパク食べてもらいましょう。一口サイズだし、手でつまんでもいいし、ワインにもビールにも、日本酒にも、泡盛にも、ウーロン茶にも・・・とにかく飲み物が何でもおいしくなっちゃうんです。
 衣の中に入れるハーブは何でもOKだけど、すぐに火が通るので、今回使ったセージやローズマリーのような個性的なハーブは、細かく細かく刻んで少な目に。チャービルやチャイブ、ディル、イタリアンパセリなら、多めに混ぜ込んだ方が herby でおいしい。


画像拡大
(4人分)
○ハーブ類 ローズマリー・・・葉を細かく刻んで大さじ1
セージ・・・葉を細かく刻んで大さじ1
*上記のハーブを飾り用にも用意
○魚介類   エビ(ブラックタイガー)・・・中くらいのサイズのものを12尾
ホタテ貝柱・・・6個
○その他食品   卵・・・2個
片栗粉・・・約大さじ1
小麦粉・・・約大さじ1
ベーキングパウダー・・・小さじ1
揚げ油用のサラダ油・・・適量
塩・コショウ
     
 
ハーブ類の準備
ハーブは洗って水気を良く拭き取り、それぞれごく細かく刻んでおく。



エビとホタテの準備
エビは殻をむいて背わたと尾を除く。ホタテは、半分の厚さになるように、スライスする。
衣の準備
ボウルに卵を割り入れてときほぐし、水を大さじ1混ぜ入れる。そこに、片栗粉大さじ1と小麦粉大さじ1、ベーキングパウダー小さじ1、塩ひとつまみ、コショウ少々を加え、どろっと濃いめの衣を作る。
衣の1/3量を、別のボウルに移す。量が多い方に1のローズマリーを、少ない方に1のセージを混ぜ入れる。
エビ、ホタテを揚げる
ローズマリー衣のボウルにエビを入れ、セージ衣のボウルにホタテを入れてまぶしつける。
中温〜高温に熱したサラダオイルで、衣がきつね色になるまで揚げる。
*少量ずつ揚げた方が、短時間で火を通すことができるので調理のし過ぎを防げる。
盛りつけ
フリッターを皿に盛って、ローズマリーとセージの枝を飾る。
     

エビとホタテは、どちらも火が通りやすく調理しやすい素材。それだけに、準備をしっかりしておいてサッと調理を。火を通しすぎると、固くパサパサになってしまうので気をつけて。

*プラス1*
S&Bカレー屋さんの隠し味シリーズのチャツネは、フルーツに各種のスパイスがブレンドされた甘酸っぱいソース、エビとホタテのフリッターにもぴったり合う。ケチャップにチャツネを混ぜて、玉ねぎのみじん切りを混ぜ込めば、ちょっとエスニックなカクテルソースに。

エスビーのフレッシュハーブについてはこちら
  文・制作・スタイリング:榊田千佳子.撮影:タケダトオル.イラスト:立原雅子
Copyright 1997-2002 S&B FOODS INC. All rights reserved.