月日が流れるのは本当に早いもの。年末に近づくと町並みがネオンやツリーで彩られ、なんとなく心が踊り、ワクワクしますね。この時期は忘年会、ホームパーティなど楽しいイベントが盛りだくさんです。
パーティの演出やクリスマスクラフトなどを、アロマでコーディネイトしてみましょう。

 人をお迎えする機会が増える季節です。家全体を同じ香りで演出するのも統一感がありますし、一ケ所だけ香りのスペースがあるというのも素敵です。 
 アロマポットでの拡散が一番手早い方法ですが、おそうじで水拭きする際、お水に精油を数滴入れるだけで、ほこりや家のニオイを消し去り、ほのかに香りが残ります。是非お試しください。
 その他にもクリスマスリースやハーブのかわいいクラフト達に精油を数適たらして、香りの演出するのも良い方法です。
精油をうまく利用して、部屋ごとにこんな演出をしてみてはいかがでしょうか。表1:部屋別の香り演出表へ
 先日旅行へ出掛けたドイツでは、クリスマスに向けて松の樹脂を集めていました。すこし苦味のある深い森の香りがしました。クリスマスを連想させる香りというと、松やもみの木、サイプレス、ジュニパーなど針葉樹系のウッディな香り、クリスマスケーキや焼き菓子のスパイス系の香り、オレンジやマンダリンなどの甘い柑橘系の香りでしょうか。
 また、賢者がキリスト誕生の際に送りものにしたというフランキンセンスやミルラもいいですね。これらの香りを上手にアレンジしてみましょう。
 クリスマスの演出に相応しい精油はこちらを参考にしてください。表2:クリスマスをイメージした精油へ

ここでは、クリスマスを演出するクラフトを3種類紹介しましょう。
 

クリスマスカラーと言えば赤と緑。赤はキリストの血の色で愛と寛大さを象徴し、緑は永遠の命という意味を持つと言われ、雪の純白は純潔を現します。色と香りを結び付けてコーディネイトも素敵ですね。
香りに包まれた素敵な年末年始をお過ごし下さいませ。

エッセンシャルオイルはサンズコートでも取り扱っています。

※エッセンシャルオイルを利用する際の注意事項 文:鈴木理恵.撮影:タケダトオル.イラスト:いまいかずよ・立原雅子.図表:立原雅子
Copyright 1997-2002 S&B FOODS INC. All rights reserved.