またまた、あまりにも簡単でおいしいデザートを紹介。簡単すぎて恥ずかしいので、二つ一緒に紹介します。  どちらも前日から作って冷蔵庫で冷やして置いた方がおいしいので、お客さんが来る日にバタバタして作らなくてもいいので便利。
 サツマイモのオレンジジュース煮は、大人よりも子供達に好評です。偏見がないからかな。思いっきりおしゃれな器に盛って、イモっぽさを払拭した方がいいかもしれません。

画像拡大
(4人分)
○野菜類 サツマイモ・・・細めのイモを2本
カボチャ・・・100g
○ハーブ類   スペアミント(ペパーミント、アップルミント)・・・枝先を4枝
レモンバーム・・・葉を大さじ1ぐらい
○果物類   オレンジ・・・2〜3個
またはサツマイモがひたひたになるぐらいの量の100%オレンジジュース
○その他食品   タピオカ・・・80g
砂糖・・・30gと80g
ココナッツミルクパウダー・・・80g
塩・・・小さじ1/2
     
 
サツマイモの準備
サツマイモは洗って細ければそのまま皮ごと約7mmの厚さの輪切りにする。太い場合は、半分に切って輪切りにする。しばらく水にさらしてから、耐熱容器に入れ、500wの電子レンジで約5分間加熱する。
サツマイモの調理
オレンジの絞り汁またはオレンジユースを鍋に入れ、砂糖約30gを煮溶かす(甘さは加減)。そこに1のサツマイモを入れ、弱火でコトコトと煮含める。柔らかくなったら、火を止めて冷まし、保存容器に汁ごと移す。冷蔵庫で冷やしておく。
カボチャの準備
カボチャは洗って種を除き、所々まだらに皮をむく。2cm角に切って耐熱容器に入れ、500wの電子レンジで約10分加熱し、10分蒸らす。
タピオカの準備
タピオカは、説明書に書いてあるとおりにゆでておく。
ココナッツミルクの準備
ココナッツミルクパウダーは、説明書に書いてあるとおりにぬるま湯で溶かして戻し、鍋に入れて砂糖80gと塩を加えて煮溶かす。そこに2のカボチャを入れ、弱火で煮含める。
冷めたら保存容器に汁ごと移す。冷蔵庫で冷やしておく。
盛りつけ(1人分ずつ)
サツマイモのオレンジジユース煮もカボチャのタピオカデザートも食べる前に器に盛り、サツマイモには、刻んだレモンバームの葉を、タピオカには、ミントの枝先をあしらう。



ゆであがったタピオカは多少くっつき合っていてもかえって食べやすいので無理にばらばらにしなくてもいい。ココナッツミルクのソースは濃い目に作り、甘めの方がおいしい。塩も隠し味に欠かせない。好みで塩味を強くしてもおいしい。

エスビーのフレッシュハーブについてはこちら
  文・制作・スタイリング:榊田千佳子.撮影:タケダトオル.イラスト:立原雅子
Copyright 1997-2002 S&B FOODS INC. All rights reserved.