大根とディル、ホタテとディルは、とても相性が良くてお互いを引き立て合うように思います。だから、三つを一緒に和えたら、おいしくないわけがないんです。生の大根の大根くささをディルが消して、ホタテの甘みが加わり、オリーブオイルがフレッシュなこくでまとめ上げる。簡単なのに、すごくおいしい。挽きたてのコショウを振りかけて味を引き締めるのがポイント
 カブがおいしい季節になったらカブで作れば、もっと高級な感じになります。カブの場合は、少し厚めにスライスしましょう。


画像拡大

(約4人分) 
○ハーブ類 ディル・・・固い茎を除いて刻み軽く1カップ
○野菜類   大根・・・なるべく柔らかそうな部分を500g
○果物類   レモン・・・1/4個
○魚介類   ホタテ貝柱(生食用)・・・大きめのものを5個
○その他   オリーブオイル・・・大さじ3
塩、コショウ
 
 
野菜類の準備
大根は皮をむき四分の一に切り、スライサーまたは包丁でなるべく薄くスライスして、塩ひとつまみを振りかけて混ぜ合わせておく。
ハーブ類の準備
ディルは洗って、固い茎を切り落として、葉と柔らかい茎を粗く刻む。
ホタテの準備と調理
ホタテは薄く3枚にスライスして塩・コショウを振りかけ、熱したフライパンにオリーブオイル大さじ1を敷いたところに入れ、両面を強火でサッとソテーする(中はレアになるように)。
マリネの調理
1の大根の水気を軽くしぼり、2のディルとオリーブオイル大さじ2、レモン汁1/4個分を加えてよく和える。
塩・コショウで味を調えたら、3のホタテを加えてさっと混ぜ合わせる。器に盛って、冷蔵庫で冷やしておく。


大根に限らず、他の野菜例えば玉ねぎ、キャベツ、セロリなども同じような方法でマリネにできます。合わせる素材は、湯がいたエビ、小麦粉をまぶしてムニエルにした白身魚、酒蒸しにして細かくむしった鶏ささみ肉などいろいろ。
 アクセントに加えるハーブは、風味の淡い素材と野菜には、デリケートな香りのハーブ《ディル、チャービル、チャイブ、パセリなど》が合います。一方こくのある風味の素材には、個性的な香りのハーブ《タラゴン、タイム、セージ、マジョラム、ローズマリーなど》を細かく刻んでほんの少しだけ加えるようにすると効果的です。

*プラス1*
 ペッパー(コショウ)はなんといっても挽きたてが一番。辛いだけではなく、果実のフルーティーな風味とフレッシュな香りが感じられます。  ブラックペッパーは鋭い辛みと香り、ほのかな甘み。ホワイトペッパーはさわやかな後味のいい辛みと香り。ペッパーミックスは、複雑で繊細な風味と甘みと鋭い辛みのハーモニー。料理に合わせて使い分けましょう。

S&Bのミル付きブラックペッパーペッパーミックス、ホワイトペッパーはこちら
エスビーのフレッシュハーブについてはこちら
  文・制作・スタイリング:榊田千佳子.撮影:タケダトオル.イラスト:立原雅子
Copyright 1997-2002 S&B FOODS INC. All rights reserved.