スパイスのすごいところは、どんな食材と合わせても、振りかけて混ぜたとたんに、(スパイスの)故郷の南国に連れて行ってくれること。
 ご飯釜に残った茶碗一杯のご飯とほんのちょっとのネギとトマト。もちろんバジルやパセリ、チャービル、チャイブ、タイム、セージなどのハーブを刻んで入れてもいい。それと、もしあったら焼き豚(またはハム)。欠かせない材料はそれだけです。
 今回ポイントとなるのはガラムマサラ。このインド風スパイスミックスをひと混ぜするだけで、残りご飯がインド風炒飯に!ターメリックが入っていないので色がカレー色にならないのも新鮮な感じです。

画像拡大
(4人分)
○野菜類 白ネギ・・・1本分
トマト・・・大1個
キュウリ・・・1〜2本
○果物類   レモン・・・1/2個
○肉類   焼き豚・・・150g
○魚介類   エビ(ブラックタイガーなど)・・・中8尾
○その他食品   ご飯(玄米だともっといい)・・・ご飯茶碗に4杯
日本酒・・・小さじ2
オリーブオイル・・・約大さじ1
ガラムマサラ・・・小さじ2
塩、コショウ・・・少々
卵・・・4個
     
 
野菜類、果物類、肉類の準備
白ネギは、白い部分をみじん切りにする。トマトは皮をむいてみじん切りに。キュウリは塩で板ずりをしてからすじ状に皮をむき、斜めに約5mmの厚さの薄切りにする。レモンはくし形切りに。焼き豚は7mm角の角切りに。
魚介類の準備
エビは殻をむいて尾と背わたを取り、1cmの幅に切る。
ご飯の準備
ご飯は、冷やご飯だったら電子レンジなどで温め、酒小さじ2を振りかけて混ぜておく。
炒飯を作る
フライパンにオリーブオイル小さじ2を入れ、トマトを入れてつぶしながら炒める。 トマトがソース状に煮詰まってとろみがついたら、エビを入れて火が通るまで炒め煮にする。そこに、ネギ、焼き豚、ガラムマサラ、ご飯を入れ、強火で炒め合わせる。塩、コショウで味を調える。
目玉焼きを作る
別のフライパンに多めにオリーブオイルを敷き、1つずつ、やや強火で目玉焼きを半熟に焼く。塩を振る。
盛りつけ(1人分ずつ)
皿に炒飯を1人分盛り、上に目玉焼きをのせる。キュウリの薄切りをあしらい、レモンを添える。


 トマトを入れる場合は、よく炒めて水気を飛ばさないと炒飯が水っぽくなってしまう。ただし煮詰まってくると焦げ付きやすいので注意が必要。簡単にする場合はトマトを使わずに手順4でエビを炒めるところから始める。少し甘みがあった方がおいしいので、トマトを入れない場合は、ガラムマサラ、塩、コショウと一緒に、砂糖を小さじ1程度加えて炒め合わせるといい。
 レモンなどの柑橘系をしぼって食べると、スパイシーさにさわやかさが加わり、南国風の華やかな風味でおいしい!

*S&B特製のカレー屋さんの隠し味シリーズ。今回の料理にも活用しました。詳しくは、こちらをごらんください。他のスパイス料理のレシピもいっぱい。スパイスの名前で使い方の検索もできます。
エスビーのスパイスについてはこちら
  文・制作・スタイリング:榊田千佳子.撮影:タケダトオル.イラスト:立原雅子
Copyright 1997-2002 S&B FOODS INC. All rights reserved.