今年の気候はエルニーニョ現象の影響でしょうか、4月頃から暑くなったり、涼しくなったりと大変不順な日々が続いています。初夏のラベンダーもいつもより早めに花が咲き、遠くまで出かけて一面紫のラベンダー畑を見たいという方も、いつ行ったらよいかと迷っていました。その他のハーブも生育が元気なものがあったり、暑さに少し参っているものがあったりと様々です。考えてみれば、外来の植物であるハーブが、日本の気候の中に適応するのも大変なことなのかもしれません。
 しかし料理の世界では、何でも取り入れてしまう日本人のこと、外来のハーブをそ の他海外から取り込んだメニューや素材と巧みにドッキングさせ、オリジナルのメニューを作り出しています。ちょっと粋な居酒屋に行くと、生春巻きが定番になっていて、そこにミントやコリアンダーなどのアジアのハーブが使われています。アジアと日本の融合と言ったところでしょうか。他にも、ハーブを使った手巻き寿司や、ハーブビビンバ、ハーブおじや、さらにはティーの世界でも、日本茶(緑茶)と洋風のハーブをブレンドする試み(4月号でも紹介されていましたね)など、やはりアジアと日本、ヨーロッパをまたがった多国籍メニューが考え出されたりしています。日本の地で根付き始めたハーブが、他の地からやってきたメニューや素材と結びついて独創的なメニューが出来上がり、またそれが輸出されていく…。日本の元気は、このように何かを創り出すというところから出てくるのかもしれませんね。
S&Bハーブ事業スタッフ 原田浩二のつぶやき

 
『トクするハーブ情報』は、皆さんが実際にハーブを楽しむときに、ちょっと後押ししてくれる情報がぎゅっと詰まったコーナーです。 ハーブの本、グッズ、イベントの3つのジャンルから皆さんのハーバルライフを応援します。

 
     
総監修・執筆 榊田 千佳子  
監修・執筆 鈴木 理恵  
撮影 タケダ トオル  
榊田 千佳子  
イラスト いまい かずよ  
  立原 雅子  
フラッシュ 井尻 亘  
Web Design 株式会社サイバーエージェント  

 

 『とっておきのハーブ生活』10月号の 'とっておき' は、「スパイシーな秋!」です。
ハーブとスパイスで、充実の秋に向けて体と心のコンディションを整えたいですね。
 *楽しむハーブ*は、秋の剪定で収穫したハーブを使って、ハウスキーピングのアイディア集。虫除けハンギングと現代風ストゥルーイングハーブ、フレッシュハーブのリネンウオーターを紹介します。
 *味わうハーブ*は、ちょっとインド風なスパイシー料理特集。食欲がでてくるスパイシーチャーハンに肝臓強化のターメリックハンバーグ。ハーブの薬膳カレーは元気回復の秘薬になるか?!
面白くてためになる情報満載の10月号は、10月1日頃 on web 予定です。
Can you wait ? I can't !




〒174-8651 東京都板橋区宮本町38-8
本ホームページの掲載記事、
画像、イラスト等の無断転載を禁じます。

   
Copyright 1997-2002 S&B FOODS INC. All rights reserved.