フレッシュハーブを使う

扱い方の基本

料理に応じて、使い分けましょう。調理の直前に扱うことがポイントです。

葉を摘んで使う
多くのフレッシュハーブは、葉を丁寧に摘んで利用します。
肉や魚の素材にまぶしたり、料理に散らしたり。ハーブティーを作る際も葉を摘んで使います。葉を摘むときに、指でつぶさないように注意しましょう。

タイムなど、硬い茎から葉をとるとき

指先で茎をおさえ、すべらせると簡単に葉がとれます。

ディルやフェンネルなどのやわらかな葉をとるとき

繊細な葉を指で押しつぶさないように、葉元をつまんで、
軽く引っ張るようにして茎から葉を外します。

刻んで使う
刻んだフレッシュハーブは、 ソースやドレッシングなど
他の調味料に合わせやすい。
薬味に使ったり、料理素材にまぶして臭み消し、香りづけにも利用します。
みじん切りにするか、葉の形を残しつつ切るかで、香り、彩り、食感の印象も変わります。 葉をすりつぶして作るハーブペーストは、ソースなどに使います。
memoメモ

金気のある包丁を使うと、フレッシュハーブが変色してしまうことがあるので、ステンレスやセラミック製の包丁を使うことをおすすめします。
また包丁で刻むときは、まな板の上にキッチンペーパーを敷いておくと、
刻んだ葉からでる水分を吸いとり、まな板ににおいや色が残りません。

茎葉ごと使う
葉茎、小枝をそのまま料理の飾り、盛りつけに使います。
ローズマリータイムなどを煮込み調理の香りづけに利用するようなとき、
後から取り出しやすいように茎葉ごと使うと便利です。
memoメモ

セージパセリなどは葉茎ごと素揚げにして飾りつけたり、そのまま食べたりして使うのもおすすめ。香りの強いハーブや少し葉茎に硬さのあるハーブでも、揚げてしまうと香りもおだやかに、硬さもやわらぎます。








Copyright (C) S&B FOODS, INC. All Rights Reserved.|エスビー食品株式会社