会社案内

社史・沿革

エスビー食品が歩んできた90有余年の歩みは、スパイス&ハーブを軸とした事業を展開、
あくことなく本物を追求し日本に香辛料の文化を広め、お客様の満足を高めてきた歴史です。

1920年

創業理念、「美味求真」

1923年
山崎峯次郎、日本初のカレー粉の製造に成功。エスビー食品の前身、“日賀志屋”を創業。
詳しくはこちら
1930年
1930年
ヒドリ印カレー粉(家庭用)」を発売。

ヒドリ印カレー粉
1950年
1950年
「赤缶カレー粉」を発売。
赤缶カレー粉
1952年
家庭用壜詰コショー、「コショー」を発売。
コショー

1953年
「洋風スパイス」シリーズ14種類発売。
洋風スパイス
1954年
本格的な固形即席カレー、「ヱスビーカレー」を発売。

ヱスビーカレー
1959年
「モナカカレー」を発売。即席カレー粉をモナカの皮に充填、全国で大ヒット。
モナカカレー
1960年
1960年
「ガーリックパウダー」を発売。
ガーリックカーキャンペーンを展開。

ガーリックカーキャンペーン
1961年
「スパイスソース」を発売。

スパイスソース


「エスビー高級スパイス新容器」を発売。

エスビー高級スパイス新容器
1964年
「特製ヱスビーカレー」を発売。
「インド人もビックリ」のキャッチフレーズで大人気に。

インド人もビックリ

1966年
ロングセラー、「ゴールデンーカレー」を発売。

ゴールデンカレー
1970年
1970年
日本初の「チューブ入り香辛料」を発売。

ねりからし
1973年
初の欧風高級カレー、「ディナーカレー」を発売。

ゴールデンディナーカレー
1974年
「グルメスパイス」シリーズ46品目をラインナップ。

グルメスパイスシリーズ
1980年
1982年
初の高級レトルトカレー
「ディナーカレーレトルト」を発売。 ディナーカレーレトルト
1983年
「カレーの王子さま」を発売。

カレーの王子さま



1985年
「チルドスパイス」5品目をラインナップ。チルド分野に参入。

チルドスパイス
1987年
「本生」シリーズを発売。

本生シリーズ

「フレッシュハーブ」を発売。

フレッシュハーブ
1989年
業務用「セレクトスパイスシリーズ」を発売。

セレクトスパイスシリーズ
1990年
1990年
「カレー曜日」を発売。カレー曜日

1993年
「なっとくのカレー」を発売。なっとくのカレー
1993年
忍野試験農場開設。
1995年
ハーブショップ「サンズ・コート」をオープン。

ハーブショップ「サンズ・コート」
1998年
ベトナムわさび田開発輸入事業本格化。

1999年
 「ナチュラルピュアカレーパウダー」を発売。ナチュラルピュアカレーパウダー
2000年

企業理念「真の顧客満足の追求」

2000年
新創業の年と位置付け、「SPICE&HERB」を掲げる。
2003年
新コーポレートシンボルを定める。
2001年
「とろけるカレー」を発売。
とろけるカレー

2003年
「赤缶カレーミックス」を発売。
赤缶カレーミックス
2003年
「スマートスパイス」を発売。
スマートスパイス
2004年
「李錦記」ブランドの中華調味料を発売。
李錦記
2005年
「FAUCHONスパイス」、「有機スパイス」を発売。FAUCHONスパイス
有機スパイス
2006年
「SPICE&HERB」シリーズを発売。
SPICE&HARB
2008年
フランスの世界的ブランド「マイユマスタード」を発売。
マイユ
2010年
2010年
「スパイス&ハーブシーズニング」を発売。
スパイス&ハーブシーズニング

ブームを巻き起こした
「ぶっかけ!おかずラー油」を発売。
ぶっかけ!おかずラー油
2010年
イタリアのパスタブランド「アネージ」シリーズを発売。
アネージ
2011年
「濃いシチュー」を発売。
濃いシチュー
2012年
「きざみわさび」を発売。
きざみわさび
2013年
「おひさまキッチン」シリーズを発売。
おひさまキッチンシリーズ

2016年
フランスのジャムブランド「ボンヌママン」シリーズを発売。
ボンヌママン
2016年
「パクチー」シリーズを発売。
パクチーシリーズ