エスビー食品の取組み

残留農薬等に対する対応について

残留農薬等に対する対応について

農薬は、農作物を病気や害虫、雑草から守るために使用されますが、使い方を間違うと生物や環境に影響を与えてしまいます。そのため、安全性については登録制度による審査や使用・残留基準の設定等で厳しく規制されています。

当社では、厚生労働省の定める「残留農薬基準」(ポジティブリスト制度~下記参照)および農林水産省の定める「農薬取締法」「農薬使用の基準」などの関連法規を遵守した原料を使用しています。

具体的には

  • 栽培・生産履歴などについて輸入・仕入先と緻密な情報交換
  • 必要に応じ、自社にて現地調査・分析などの実施

上記内容にて、安全・安心な原料の確保に努めています。

ポジティブリスト制度とは 原則、すべての農薬などに残留基準(一律基準を含む)が設定され、その基準を超えた量が食品中に残留する場合は、販売などが禁止される制度。加工食品を含むすべての食品が規制対象。