研究開発:新しい価値の創造を通じて、豊かな食文化のお役に立ちたいというマインドに溢れた研究活動の一端を紹介します


「食」だけでなく「農」としての学びも実感 ~2017年 忍野試験農場研修

忍野試験農場では、毎年若手技術系社員の研修を行っており、今年もその季節となりました。
商品を作る上で、原料の栽培現場を見て、実際に手を動かす本研修は、とても貴重な機会です。今回は、初めて研修に取り入れた作業もありましたので、その様子をご紹介します。

忍野試験農場
講義

今年も、まずは忍野試験農場で栽培しているワサビや唐辛子、バジルなどを前に、各々の特徴や栽培の様子などの説明を受けました。
ワサビと言えば沢での栽培を連想するかもしれませんが、実は畑でも育ちます。 なかなか見る機会もないので、研修生も興味津々で質問をしていました。 唐辛子はとても辛味が強いものを栽培しています。大きく育っていますが、食べてみたいような、食べたくないような・・・。

畑で育つワサビを確認

試験栽培中の植物の特徴や栽培の様子を聞きます
ワサビ田の作土洗い

今回は、研修では初めてとなるワサビ田の「作土洗い」を行いました。
これは、栽培中に溜まった泥などを洗い流して、生育環境を整えるための作業です。 ホースをワサビ田の深くまで差込み、水流で砂利を洗浄していくのですが、なかなかの重労働です。 交代しながら全員で一生懸命作業を行いました。 これで来年のワサビもいきいきと育ってくれることでしょう。

水はけがよくなり、作業の重要性を実感
ワサビ&ホースラディッシュの収穫・試食

ワサビとホースラディッシュの収穫体験・試食も行いました。富士山の伏流水で、立派に育ったワサビは抜き応えがありました。また、ホースラディッシュは上手に掘らないと、根を傷つけてしまいます。担当者にアドバイスを受けながら、慎重に掘り進めていきました。

力強く、慎重に土を掘り起こします

おろしたワサビは、上品ながら「ツーン」と鼻にぬける辛味。「ワサビの茎の浅漬け」も試作。お湯をかけると、茎の色が鮮やかな緑に変わります。
オリジナルのブレンドハーブティー

毎年恒例となっている、忍野農場で試験育成中のハーブを使ったブレンドハーブティー作り。 研修生がチームごとにオリジナルブレンドを考案します。今年も個性豊かな香り・風味が生まれました。

実際に触って香りを確かめたり効能を聞いたりしながら、好みのハーブを組み合わせます

香り・風味のバランスはどのように仕上がったのでしょうか

試作・試飲したハーブティー

テーマ:風邪をひいたときに飲みたい

テーマ:レモン系

テーマ:美容を意識


栽培しているハーブの中に、「ステビア」があります。
その葉を煮出して、シロップも作ってみました。砂糖が入っていないとは思えない甘さに驚きでした。

ハーブティーに合わせるシロップも試作


研修生たちは、スパイスやハーブの栽培体験を通じ、「食」だけでなく「農」としての面白さや大変さも実感し、 充実していたようです。