研究開発:新しい価値の創造を通じて、豊かな食文化のお役に立ちたいというマインドに溢れた研究活動の一端を紹介します


五感を使ってスパイス&ハーブを学ぶ一日。~忍野試験農場研修~

忍野試験農場では、毎年技術系若手社員を対象とした研修を実施しています。
この研修では、生のスパイスやハーブを間近に見たり触れたりと、農作業の一部を実際に行うことも含まれており、
他ではなかなか味わえない内容が特徴です。
2016年度の技術系若手社員研修の一部をご紹介します。

今年はホースラディッシュの収穫をはじめ、ワサビの鉢上げや収穫、バジルの播種などを行いました。
土づくりから始める農作業は、自然を相手にした地道な作業で、根気がいることを実感するひとときです。

ホースラディッシュ(西洋わさび)の収穫風景

毎年恒例のオリジナルハーブティーの試作・試飲会も行いました。試験育成中の数多くのハーブの中から、各自が思い思いのハーブを組み合わせ、摘みたてのハーブの香りを楽しむとともに、ブレンドの難しさを体験しました。また、ドライハーブティーとの比較試飲も行い、それぞれの味や香りを学びました。

ハーブティーの試作・試飲の様子

今年はちょうどサフランの花が咲き始めていたため、こちらもハーブティーに使ってみることにしました。果たして、サフランティーはどのようにできあがったのでしょうか。サフランの花

咲きはじめのサフランを発見

【サフランの花】
エキゾチックな芳香が漂います。
サフランについて詳しくはこちら


サフランのハーブティー

サフランの雌しべは、水やぬるま湯に浸すときれいな黄色が出ます。これは、雌しべに含まれる「クロシン」という水溶性の色素成分によるものです。パエリアやリゾットなどの料理で色付け、香り付けに使われることが有名ですが、見た目にも鮮やかなハーブティーとしても楽しめました。

【サフランを使ったブレンドハーブティーの感想】

サフラン(雌しべ)を用いて、パワーが出そうな、明るい黄色が表現できました。香りはレモングラス、レモンバームの爽やかなレモン系が引き立ち、味わいはステビアで甘味をつけ、アクセントとしてジンジャーミントとローズマリーを加えることですっきりとした後味に仕上がりました。

花びらの色は?

淡い紫色の花びらを湯に浸すと、元の色とは異なり、
写真のようなきれいなグリーン色が出ました。

研修生たちは、農場で栽培を体験しながら採れたての収穫物の味や香りに触れることで、スパイスやハーブをより身近に感じました。