研究開発:新しい価値の創造を通じて、豊かな食文化のお役に立ちたいというマインドに溢れた研究活動の一端を紹介します


忍野試験農場では様々な種類のスパイスやハーブを試験栽培しています。
栽培技術や品種に関する研究を行い、原料産地で応用を図ることを目的とした栽培過程を、新たに「栽培日誌」と題してこれまで紹介していない作物にフォーカスしていきます。

今回はその中から、フェンネルの栽培を紹介しましょう。

フェンネル栽培日誌

フェンネルは「魚のハーブ」とも呼ばれており、魚料理との相性が良く、魚の臭みを消すために利用されるハーブです。和名をウイキョウと呼ぶ地中海沿岸が原産のセリ科の植物です。種子はスパイスとして利用され、五香粉やカレー粉の原料となります。栽培面では一度植え付ければ毎年収穫ができる多年草で、冬は地上に出ている部分は枯れますが、春になると再び新芽が出てきます。今回は忍野試験農場におけるフローレンスフェンネルの栽培をしてみましたので、播種から定植までをご紹介します。フェンネルには葉を食すスイートフェンネルと根球を肥大させるフローレンスフェンネルの2種類がありますが、育て方は一緒です。

5月

フローレンスフェンネルの種子。 大きさは5~6ミリくらいです。  播種は1つのポットに3~4粒くらいになるようにしています。

播種から約2週間が経って芽が出てきました。大丈夫かな?と、ちょっと不安になるくらいの細さです。

6月

播種から約1ヶ月、10cm程度にまで育っていたので、日当たりの良い場所に優しく定植しました。マルチシートに開けた穴の中央に植えて、まっすぐに立たせるようにしています。

今回は以上です。無事に大きく育つか楽しみです。次回続編は収穫の様子をお伝えします。