研究開発:新しい価値の創造を通じて、豊かな食文化のお役に立ちたいというマインドに溢れた研究活動の一端を紹介します

シリーズ 香りを科学する その4 ハーブのからだを見てみよう~CT画像で見るハーブのからだ~

前回までは、『香り』というものに視点をおいて、ハーブを科学してきました。
今回は、少し違った視点で植物の"からだ"をのぞいてみようと思います。

これは何の写真でしょう?

答えは・・・・・ローズマリーの葉と茎を、X線-CTという装置で撮影された、とても珍しい画像です。
X線-CTとは、非破壊で葉や茎の内部を観察できる装置です。

(1)ローズマリーの葉 (2)ローズマリーの茎 (協力:島津製作所 SMX-100CT-SV3使用)

【写真の説明】
Vは、X線-CTの撮像を基に作られた3D画像です。
そして、I~IVは、Vの画像を基にして、コンピュータで任意の場所で切った断面の画像です。
X線-CTは、実際に切ったりしなくても、あたかも切り出したように、内部の状態を観察できるのです。
画像I:③の断面    画像II:①の断面    画像III:②の断面    画像IV:④の断面

※X線-CT ; X-ray computede tomography

ローズマリーなど、シソ科のハーブには、香りの成分を蓄える腺毛(せんもう)という組織が、葉や茎に存在していることは『香りを科学する その2』でご紹介しています。
その時の画像を、今回のX線-CTという装置で撮影した画像と比較してみてみましょう。

いかがですか!
色も香りも鮮やかなハーブですが、モノクロの不思議な世界も感じていただけたでしょうか?
参考までに、それぞれの場所にある腺毛(せんもう)に蓄えられている香り成分はどのようになっているかご紹介します。
それぞれ、異なったバランスで香り成分が蓄えられていることがわかります。

今までとは少し違った、ハーブの紹介! 楽しんでいただけましたでしょうか?

※この内容は、以下の論文で報告されています。
 Takehito Sagawa, Hidaka Ikeda, Tatsuyuki Hiraoka, Kazuichi Hayakawa
 Study of Rosemary peltate glandular trichomes using combined morphological and chemical approach
 Food Science and Technology Research 19(3), 491-495 (2013)