研究開発:新しい価値の創造を通じて、豊かな食文化のお役に立ちたいというマインドに溢れた研究活動の一端を紹介します

ハーブティーのファクトリー/『忍野ブレンド』

忍野試験農場は、スパイス&ハーブに特化した試験農場として、様々なスパイス&ハーブの原種を導入・維持しながら、その品種特性を検証し原料として商品として、そしてお客様への情報発信に向けた基礎研究を進めています。今回は、そんな研究活動業務の中、現場スタッフだからこそ味わえるフレッシュ・ハーブティーのお話。

農場で育てている朝摘みのハーブにミネラルウォーターのお湯を注ぐと、一気に香気が立ちのぼり、摘みたて入れたてのハーブティーで至福の一時が得られます。このぜいたくな経験を、より多くのお客様にご案内したく、忍野試験農場ではゲストの皆様へのおもてなしとして、毎回ご提供させて頂いています。

また、社内研修の一貫としても、このフレッシュ・ハーブティー試作という時間を取り入れています。研修生はハサミを持って農場内のハーブを自由に摘み取り組み合わせ、個性豊かなオリジナルのハーブティーが披露されます。

ここでは、いくつかある『忍野ブレンド』の中から、好評を博したハーブティーをご紹介します。

スペアミント・レモングラス・コモンタイム・ローズマリー・
ワイルドストロベリー・レモンバーベナ・ステビア

疲れをとるのにちょっと甘みを(ステビア)、爽やかさ(スペアミント・レモングラス)のほかにアクセント(コモンタイム・ローズマリー)を、そして甘い香りなど(ワイルドストロベリー・レモンバーベナ)をフレーバーとして加えたブレンドです。

香りも味も違うハーブ。

無限に組み合わせる事ができるだけに、どうブレンドしておいしいハーブティーに仕上げるかの試みは、ファクトリーでの実験作業のようなものです。

ハーブを入れ、お湯を注いだポットの中でどれだけのバリエーションを広げ、おいしいハーブティーに仕上げられるか・・・。この差は、ハーブの個性をどれだけ知って、それを引き出せるか、というシンプルな事の延長にあるようです。