エスビー食品の取組み

コーポレートガバナンス・コンプライアンス

コーポレートガバナンス体制

コーポレートガバナンス体制

エスビー食品では、経営環境の変化に迅速かつ的確に対応し経営全般のスピードアップを図るために、執行役員制度を導入し、取締役と執行役員の役割を明確に定めるなど、効率的な経営管理体制を常に追求しています。

また、社外監査役3人を含む監査役会との連携のもと、内部監査室を中心に内部統制システムの充実・強化に取り組むなど、コーポレートガバナンスの強化を図っています。

コンプライアンスの徹底

会社情報取扱規程体系エスビー食品では、社員が遵守すべき健全かつ倫理的な行動を「社員行動基準」において明確に求めています。 これによって、社員一人ひとりにコンプライアンスの徹底を図り、組織の自浄能力を高めることで、社会から信頼される企業であり続けることを目指しています。

例えば、エスビー食品およびグループ企業では、内部通告窓口として「S&Bホットライン」を設置しています。これは、個々の社員間やそれぞれの職場の中で是正を図ることが困難と思われる、法令違反ならびに企業倫理に反する行為などの不正行為が生じた場合に、社員からの通報・相談を受け付け、いち早く把握し、是正を図ることを目的としたものです。受付窓口は、社内窓口と弁護士事務所による社外窓口を設け、より通報しやすい環境作りに努めています。

情報の適切な取り扱い

情報化社会における企業の責任として、情報の開示と保護、そして社内における情報資産の有効利用という3つの目的を同時に果さなければなりません。
エスビー食品では会社情報取扱規程の運用、個人情報保護方針の策定など、適切な情報取り扱いのための仕組みを整備するとともに、その周知徹底を図り、情報管理及び情報セキュリティの徹底を進めています。